2007年03月06日

知識を維持するには

鍼灸・柔整国家試験に対しての知識を維持するには

鍼灸・柔整国家試験も終わり、これから勉強しなければという方を早くも応援いたします。

せっかく勉強した知識を来年まで維持することができるのか・・・?。これが今の悩みではないでしょうか?

端的に言えば無理だと思われます。

短期記憶は忘れやすいといいます。

ではどうするのか。新たに知識をつけていくことに尽きます。

これから勉強!という方は今回の知識量では合格できなかった方なのですから、新たに知識をつけていくことをすればよいのです。

つまり、今までの知識に頼らず一からという気持ちでもういちど勉強するわけです。そうすれば気楽ですし、知識はついているわけですから、ゼロからはじめるりはるかに楽です。

勉強の仕方や、モチベーションが下がったときはこのブログへもどってきてください。

勉強の仕方はもちろん、日々の臨床もしっかりアップしますから気持ちを高めるにはうってつけだと思いますよ。

ともにがんばりましょう!!!!!!!


posted by やさしさん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

鍼灸・柔整国家試験について

鍼灸・柔整国家試験について

鍼灸・柔整国家試験もおわりましたね。。

本日、柔整国家試験が終わったわけですが、皆さんいかかでしたか?

自己採点がおわり、安堵されておられる方、がっかりしておられるかた、いろいろでしょう。

おそらく合格されておられる方々、おめでとうございました。輝かしい未来に向けてがんばってください。免許取得はあくまでも通過地点にすぎません。ここから臨床をかさね、よい柔整師になって下さることを祈っています。くれぐれもマッサージ師さんでないのにマッサージしかできないとか、骨折や脱臼の整復、治療ができないような柔道整復師にならないようにしてください。

教師の免許が更新制に・・・といわれている現代である以上われわれの免許も怪しいのではないでしょうか。

ともあれ、腕のない者は淘汰される時代です。このことを頭においてぜひともがんばってください。
少しではありますが、先輩として厳しい一言を言わせていただきました。

なお、すでに結果にがっかりしておられる方。がっかりしている暇はありません。

次に向かって歩き出さねばならないのですから。

とはいえ、いきなりは無理です。ひとまず一週間ほどはゆっくりして、やる気を蓄えましょう。そうすれば自然と勉強したくなりますから。いつも応援していますので、コメントお待ちしていますよ!
posted by やさしさん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

いよいよ国家試験ですね

柔整国家試験ですね

いよいよ柔道整復師国家試験ですね。

午前の出来でかなり午後からのストレスが解消されるのですが、皆さんはどのような出来でしょうか?

業務に追われなかなか更新が出来なかったのでみなさんとの意見交換もできなかったのですが、来年の国家試験のための対策講座を今年一年行うことに決めました。

前述したと通り、午前の出来で午後の出来もきまったりしますから、学問だけでなくこういった切り口の対策も交えた講座を開設しようと思います。

おそらくわたしから午前の科目の重要性を聞いて今回の国家試験に臨んだ方は今頃リラックスしておられることと思います。

こんな簡単な、でも大切な精神的なフォローも自分自身が乗り越えてきた、そして、ぎりぎりのラインの人たちと乗り越え、合格に導いてきた実績があるからこそできることだと思っています。

もしも、来年の国家試験を受けることになってしまった方で、こんなフォローもほしいんだ・・とおっしゃる方がありましたらご連絡ください。

人数は10人に限定させていただきます。

人数を制限した講座にし、万全のフォローアップをしていきたいと思います
posted by やさしさん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

国家試験対策について

鍼灸国家試験について

鍼灸国家試験についてです

いよいよ大詰めですね。更新が出来なかった分いまから大切なことを言います。

テスト勉強は終わっておられることと思います。

とにかく気持ちの準備はしっかりしましょう。今から持っていくものを準備してもいいくらいです。

当日は過去問や教科書を持っていこうとか考えてしまいます。

もって行ってもあまり見ません。おそらく終わった午前の試験科目の見直しをしてしまって、午後のものに気が回らなくなります。もって行くのはよいのですが、あまり固執しないようにしましょう。

いまから徹夜を・・・という方。だめだとは言いません。しかし、3日前からは寝るようにしましょう。試験中に寝てしまった人をわたしは知っています。その人は強烈に賢い人でしたから午前の科目でほとんどオーケーだったそうで合格されました。自身がなくて徹夜するというかたは要注意ですよ。

などなど、今は健康や、メンタルな面を調整すべきですね。もちろん勉強の追い込みも大切ですよ!

まだまだアップします。よく読んでくださいね!
posted by やさしさん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

柔整国家試験対策

柔整国家試験対策について

柔整国試まであと5週間ほどです。

鍼灸でもいいましたが、柔整でも同じです。

今は不確かな知識を確実なものにするため努力すべきでしょう。

柔整理論などは出題数、得点確立ともにおいしいものがあります。とにかくおぼえれば勝ちという教科です。

前にも言ったとおり、解剖、生理についてはやはり理解することも必要です。
解剖に関していえば、記憶のみという部分もありますが、生理、病理、臨床につなげていくにはやはり、機能を理解するということが大切になります。

たとえば、腎臓では、尿細管あたりの解剖をしっかりおぼえて、浸透圧の関係から何がどこで吸収されるかを覚える。そうすると、なぜ血圧と腎臓が関係するのかなどがわかります。そこから一般臨床などを解いてみると、レニン系統の問題にどの臓器がからむかが記憶でなく、理解でわかるようになります。しかもこの学習方法をとれば一度覚えてしまえばあとは軽くわすれてしっかり思い出せなくても解けるようになるのです。

機能的記憶とわたし自身は言っていますが、その記憶するものを実際に使う
という状況に対してカスタマイズして覚える。この学習で今後は皆さんにお話していきたいと思います。

今年度は時間があまり残されていませんが、鍼灸・柔整国家試験合格にむけてできる限り情報提供していきたいと思います
posted by やさしさん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家試験までの余裕

鍼灸・柔整国家試験合格へむけて

 
鍼灸国家試験まであと4週をきりました。

自分は何割とれるだろうという予測もそろそろ考えておられることと思います。

わたし自身国試前は自分で得点確立をだしていました。

若かりし頃ですので、天狗になっていたこともありますが、およそ9割はかたい、たぶん9割5分はいけるとおもっていました。

現実には、9割2分か3分だったと思いますが、それでもすごいことだとおもっています。

これだけをみればただの自慢ですね。しかし、この頃の私は当然学費、生活費のために仕事をし、学校で友人を教えて、と忙しくしていました。睡眠時間は・・・毎日すずめの声を聞いていたのを覚えていますので、つまりほとんど寝てなかったですね。

でも、まったく寝ないのは×です。睡眠をとって脳をやすめないと頭にはいりませんから。

ですのでみなさんもかならず睡眠は3時間はとるようにしましょう。

できれば国試前には5時間はとれるように今、つめて勉強をし、余裕を作る努力もしてください。

来年度は国試対策講座をしっかりしていこうと思っています。

ここでは生活リズムの最適化も考えて生きたいと思っています。

posted by やさしさん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鍼灸国試対策について

鍼灸国試対策について

鍼灸国試対策についてお話します。

柔整同様に今は何をしたらよいか非常に迷うところであると思います。
確実な知識をより確実にすべきか?それとも不確実なところを押さえるべきか?・・・迷いだしたらキリがありませんが、現段階で大切なことは不確実な知識を確実なものにしていくことでしょう。

なぜなら、現時点における確実な知識での得点確立はいまから1ヶ月たってもあまり変わらないと思われます。反対に、不確実な知識から目をそらせると得点できるはずのものすら落としてしまいかねません。

よって、現時点では7割を不確かな知識や苦手教科の基礎固めを中心にし、残り3割で確かな知識や得意分野を固めていくべきでしょう。

ここで勘違いしてはいけないのは、時間がない、ということです。

よって、「次にもう一度やればいいや」という考えは厳禁です。そういっている人は来年度の国試を受けることになるでしょう。

一撃必殺。一問解いたら確実にそこは知識として吸収しましょう。


posted by やさしさん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

柔整国家試験対策

柔道整復師国家試験対策

柔道整復師国家試験対策について

みなさんいよいよラストスパートに入っておられるでしょうか?
この時期には解剖、生理、一般臨床・・・などなどどれを中心にするかを不安交じりに迷っておられる方も多いかと思います。

ここで重要なことは、まず重要度の高い科目をきっちり押さえるということです。

たとえれば、解剖、生理でしょうか。それに柔整理論も重要ですね。
つまり、出題数が多いもの=得点率の高いものを押さえるということです。

記憶ものに関しては今から総復習をしてもまた忘れます。おそらく直前の1週間前におさらいするほうがよいでしょう。
関係法規などは1週間前に要点だけを覚えれば10割とはいかなくても8〜9割はいけるでしょう。

ですから、今は記憶+理解を要するものの復習と理解の確認をすべきです。
起始・停止はしっかり記憶していますか?支配神経は?主要な血管・神経の走行は覚えていますか?解剖は記憶ものですが、解剖をしっかりしておくことで生理、病理を理解し一般臨床を記憶でなく、理解で回答することができるようになります。

まず、過去問を見直しながら、記憶の確認をしましょう。

覚えられないことや疑問にはお答えできる範囲で全力でお答えし、わからないことはこちらでもしっかり調べて回答します。医師、歯科医師、看護師やもちろん柔整師、鍼灸師がしっかり対応いたします。

みんなでがんばりましょう!!!
posted by やさしさん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

鍼灸・柔整国家試験にむけて

鍼灸・柔整国家試験

鍼灸・柔整国家試験にむけて今から取り組むべき事は何か。

おそらくかなりの人たちがやみくもに問題を解いているのではないでしょうか?

先日書いたとおり、問題数をこなすだけでは頭に入りません。

問題を解いて頭に入れる。つまり学習しなければいけないんです。特にいまはもう時間が無いからこそこのことが最も重要なんです。

問題を解く→分からない→解説を読む・・・ではなく
問題を解く→分からない→自分で調べて理解してから解説を読む。

簡単な事なのですがおそらく出来ていない方が多いのではないでしょうか?

これの繰り返しで知識がつき、分からない事が少しづつへっていき時間が短縮されていきます。またこの学習は鍼灸・柔整国家試験国試過去問でおこなうので全く無駄が無く、出題傾向どおりにおこなえるので時間の無駄がありません。

しっかり見直す。簡単な事ですが残り一ヶ月を切ったいまだからこそやらなければならないことです。

過去問の解きまくりはのこり2週間でできます。

LET,S TRY!!!
posted by やさしさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

国家試験過去問の利用法

鍼灸・柔整国家試験合格対策

鍼灸・柔整国家試験合格にむけていよいよ勉強です

国試対策として現段階ですでに過去問にとりかかっている方も多いかと思います。しかし、よくある質問で、「やったけど手ごたえがない」、「問題を解いただけであまり意味がなかった」といったものがあります。

つまり、過去問を解いただけでは、達成感を得るだけで、学習し知識を得ることはできない・・・ということが言えます。

確かにそのとおりです。過去問はあくまでも国試の問題傾向をつかみ、時間配分などの感覚を養うという点では大きな意味をもちますが、回答するだけではあまり意味はありません。
「あとは問題をたくさん解くだけ」という段階にきている人にはそれでよいのですが、まだまだ学習、知識がそのレベルに達しておらずただ問題を見て、解説を見る、という段階にいる方には過去問を使った学習方法を実践していただく必要があります。

とにかく時間がありません。順次アップしていきますのでかならずチェックしてください。
過去に合格実績のある方法ですから。




posted by やさしさん at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

鍼灸・柔整国家試験合格への道

鍼灸・柔整国家試験合格への道のり

鍼灸、あんまマッサージ師国家試験について  

1月以降、特に2月後半から各種の国家試験が数多く行われます。
このブログでは鍼灸、あんまマッサージ師、柔整国家試験に特化してみなさんに耳より情報をお伝えしていきます。
なお、ここでは優等生の方はご参考いただかなくても良いことも多くあります。ただ、合格が少しでも信じられる最低限の確信を身に着けていただく、いわば塾のようなものです。
おちこぼれでもそうでなくても、自信なんかなかなかもてない。
でも自信を少しでももちたいじゃないか。
そんな方々のための情報発信ブログです。

規模は小さいですが、過去に合格危険ゾーンの人たちを合格に導いた経歴のある有資格者の方や実際に鍼灸、接骨院を開業されておられる院長先生方、整形外科や病院にお勤めの方たちに監修していただいておりますので安心して訪れてください。
勉強のモチベーションが下がったときに役立つ臨床のはなしもときには交えてお話していきたいと思います。

このブログの3箇条があります。

 一、余計な情報はいらない。合格に直結する情報を提供する

 二、大手サイトやホームページにない親身な情報提供でマンツーマンでの   最大の支援

 三、国試その日までに合格を信じられる力を身につける


なお、このブログの監修者のなかには何回か留年し、それでも国家試験は一発で合格した先生もおられます。
この先生を一発合格に導いた先生にも主力で御参加していただいております。
強力な布陣でみなさんを全力でサポートしてまいりますのでどうぞご期待ください!
posted by やさしさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家試験対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。